前へ
次へ

交通事故が起きやすい場所、その点に注意して

交通事故が起きやすい場所は、統計的にデータが存在します。
最も多いのは、幹線道路から幹線道路へ住宅街を通っての抜け道です。
早く抜けられる意識が、スピードを出し過ぎる状況を起こしやすく、人が飛び出してくる中で交通事故に遭う内容です。
次に多いのが、交差点での事故になります。
安全不確認であり、頻繁に使っている道路において、あまり車が少なく、突然車が現れてぶつかるケースです。
交通事故の内容として最も多いのが、横断歩道の無い場所での人対車両による事故になります。
意外にも次に多いのが、単独の車が電柱や建物などの工作物にぶつかる事故です。
時間帯で言えば、最も多いのが18時頃から20時頃の時間帯になります。
通勤での帰宅や、自転車で買い物にて出かける人が多く現れやすい時間帯であり、特にこの時間帯は注意しなければなりません。
交通事故のほとんどは、安全確認とスピードの出し過ぎです。
この2点を強く意識していれば、事故に遭う可能性を極力抑えることができるでしょう。

Page Top