前へ
次へ

交通事故にて事故の現場でしてはならないこと

交通事故を起こしてしまった場合、その当事者が冷静でいられるのは難しいと考えられます。
しかし、事故の現場において、してはならないことが存在していて、損害賠償における金額に関して具体的に話すこともその一つに該当しています。
これは加害者と被害者の双方に言えますが、たいしたことがないケガだと思っていても、診断を受けると程度が重い可能性があるというのが理由です。
また加害者から警察への通報をやめるように言われる場合があると思われますが、これに対しては拒否するようにします。
交通事故証明書というものがありますが、警察に届けることによって発行されることになります。
またこの証明書があることで賠償額が多くなった場合に保険を利用することができます。
それをしないと証明書は発行されないばかりか、保険も利用することができなくなります。
また知らないふりをする加害者も存在すると思われるので、後のトラブルを防ぐために必ず警察を呼ぶようにします。
他にも存在しますが、事故の現場において、してはいけないことを理解するのは重要であると思われます。

Page Top