前へ
次へ

交通事故に遭わないための心構えとは

被害者側になっても加害者側になっても怖い交通事故ですが、普段からの運転の心構え等で交通事故に遭ってしまう可能性を減らせるかもしれません。
まずは、周囲の確認です。
単に同じように周りを見渡すだけでなく、その場所に応じた注意点を確認する事が重要になります。
地方の郊外を走る時には野生動物の危険性を、見渡しの良い何もない所を走行する時はかえってその他の車が油断しているという事等に注意しましょう。
大きく走行環境が変わる時も、交通事故に注意しなければならないタイミングです。
比較的広い道路から路地道になる場合等は、道の広さはもちろんの事、そこを歩く人たちの意識も違います。
こちらが注意していなければ、歩行者の注意力が不十分な地域もあるので、気を引き締めるようにしましょう。
また、時刻の変化にも要注意です。
午前中に運転する次が夕暮れ時になるといった場合、又その逆の場合には目が慣れるまでに交通事故に遭いやすくなります。

Page Top