前へ
次へ

自転車で交通事故が起きた時の対応方法

交通事故は自動車やバイクだけでなく、自転車でも発生する事があります。
自動車で事故を起こすパターンは加害者側が成人している可能性が高いですが、自転車は子供から乗る事ができるので、子供が加害者になる事があります。
親御さんは自転車に乗車する子供が居る場合は、適切な知識を子供に教えておく必要があります。
子供が運転する自転車であっても、坂道等で加速した状態の自転車は凶器に変化するので、歩行者の方に重大な怪我を負わせてしまうリスクは存在します。
子供が運転する自転車での交通事故で被害者が発生した場合は、自分自身で被害者の方の救護が難しい事もあるので、周囲に居る大人の方に助けを求める必要がありますし、警察や救急車を呼ぶ事も重要です。
同時に親御さんに連絡する事も大切ですが、先ずは被害者の方を救護する事を最優先させるべき事を指導しておく必要があります。
仮に被害者の方が亡くなってしまえば、慰謝料の額は莫大になってしまいますから、子供だから大丈夫では無く、知識を与えておく事が大切です。

Page Top