前へ
次へ

交通事故の過失割合のために、行う事は

交通事故に遭えば、直ぐに警察に連絡するのが、一般的な内容でしょう。
警察が行う内容は、事故検分であり、損害に対しての話には関わってきません。
交通事故の中には、車と車の双方がぶつかり、どちらに過失があるのか分から場合もあるでしょう。
双方の保険会社が、過失割合を決めてしまう場合もあるため、証拠を押さえるのが大切です。
第三者として目撃者がいれば、目撃者と連絡が取れる状況を作っておくのもポイントです。
近くに防犯カメラが設置している可能性もあり、周りの状況を詳しく押さえておいた方が良いでしょう。
保険会社は、保険会社の立場として、あまりお金を出したくないのが本音です。
しっかりと、交通事故の損害を請求するために、弁護士に相談を行い、最大限の金額を引き出してもらうのも大切でしょう。
事故を起こした相手側の中には、一方的に示談を持ちかけてくる可能性も考えられます。
これには、絶対応じてはならず、交通事故には専門家の知識を頼るのが無難です。

Page Top